MY YOUTH

思いついたこと

最近思うこと(就活・大学院について)

こんばんは

数日前に治療した歯が夜になると痛むMoeです😢

早く治ってほしい〜

 

最近 就活を始めました。

就活といっても就活の形があんまりわからないので、人並みにしているのかはわかりません(笑)

 

あれだけ嫌と言っていた、就活を始めたわけ

それはもう一つの選択肢であった海外大学院進学のプランが不透明になったことです。

 

不透明=行けなさそう・無理そうだから

というわけではありません。

 

私はずっと大学院に行くなら、専攻はそのまま心理学

今は基礎心理学である発達心理学を主に勉強しているけど、将来的に大学院ではカウンセリング心理学(日本では臨床心理学に含まれることが多い)を勉強して、卒業後はカウンセラーになりたいと思っていました。

 

日本で心理カウンセラー(臨床心理士なども含む)として働くのは非常勤が多く簡単なことではないことは前々から知っています。

 

今回つまづいたのはそれ以前の問題(!?)です。

 

カウンセラーになるには臨床心理士公認心理師の資格を取って働くことが少なくとも私の中では一番理想的です。

 

民間の学校に通ってカウンセラーの資格を取って働く方もいますが、心理学を大学で学んでいると、その手の話はほとんど聞きません。あくまで臨床心理士公認心理師の資格を有してこそ、心理カウンセラーとして働けるとの印象を受けます。

 

臨床心理士公認心理師になるために必要なもの、それは大学院です。

難易度は公認心理師臨床心理士公認心理師は2018年にできた国家資格なのでまだそこまで名前は世間に浸透していませんが、今後はダブル資格で活躍される方が確実で増えると思います。(資格の内容自体はほとんど同じ?民間資格と国家資格の違いです。)

 

公認心理師は学部時点でも特定の単位の履修や実習への参加が求められます。

臨床心理士公認心理師においては一般的に指定大学院に進学しなければなりません。

(特別なルートなどもありますが、ここでは説明を省きます。)

 

私の学習状況はというと、公認心理師のための授業を受けていない状態です。

取らなけらばいけない授業の数はまあまあ多いので、実質その半分ぐらいは普通の授業として受けていますが、特にアセスメントなど臨床関連や実習などは全く受けていない・新4年生なので今からというのもダブらない限り無理です。(一回ダブっただけでいけるのかも不明)

 

「なぜ取らなかったのか?」

「少しでも資格を取る可能性があるのであれば、取ればよかったのに」

そう思われるかもしれません。

(ちなみに私の知る限り、公認心理師向けの授業を取っている生徒は学科の4分の1ぐらい?)

 

取らなかった理由としては、

① 授業数が多く、授業を取ると1年間の留学に行けない(4年で卒業するためには)

② 卒業後の進路で違う選択肢(航空業界で海外就職)を思い描いていたため

となります。

 

ことごとくコロナの影響で①も②も水の泡となりましたけどね(笑)

 

心理の話は一度置いて......

私はもともと海外の大学院に進学することには興味がありました。

 

人生のどこか(20代後半〜40代ぐらい)でできれば良いなと思っていました。

そこでも心理学を学びたいと思っていましたが、資格とかは先の話で深くは考えていませんでした。

 

コロナで留学が無くなって、卒業後のキャリアプランも崩れた後......

 

「どうしても海外に行きたい!」「もう少し心理学勉強したいな!」

じゃあ先延ばししていた海外大学院進学をしようというという考えに至りました。

 

大学から直接大学院に進学するとなると、問題は経済面です。

社会人を挟むと資金を作れますが、大学生の間(しかも残された1年間)で大学院資金を全て工面することは何かと難しい話です。

 

そんな経済面も考えつつ海外大学院を調べた結果、自分の興味や経歴とも一致している韓国の大学院に興味を持ちました。

メインブログ奨学金情報の記事をたくさん書きました!)

 

大学院も一通り調べて、英語と韓国語で情報収集しました。

YouTubeで상담심리학(カウンセリング心理学)と検索すると、カウンセラーの方が喋る動画が色々出てきます。カウンセラーは韓国でも稼げない仕事だそうです.....(汗)

韓国で就職する気はないので、厳密にいうと関係ないですが!

いろんなことを調べながら「韓国の大学院 良いな〜」と思っていた最中

とある現実に気づきました。

 

「韓国で就職しない......(韓国人ですら難しいのに外国人は無理?、興味もそこまでない)

日本では資格がない....... 

じゃあ私は大学院を出て何者になるんだろう」

 

 

カウンセラーとして、どういう年代を対象にしたいなどの理想はあります。

オンラインカウンセリングなども興味ありますし、多面的に見ているつもりでした。

メンタルヘルスに関する情報を発信したいという想いもあります。

 

しかし、資格(臨床心理士等)がない人が果たしてカウンセラーとしてどれほど活躍できるのだろうかと考えると、まだ答えが導き出せていません。

 

あまりにも自分の大学院卒業後のプランが不透明に見えました。

大学院を卒業した後、一般企業や理想のキャリアであった航空業界に就職する道もあるでしょう。(しかし、それには大学院は必要ないですよね.......)

 

「経済的に十分ではない、卒業後のプランも不透明なのに大学院に行くタイミングは今なのか?」と深く考えてしまいます。

 

私は大学に在籍中は1年間の交換留学

卒業後はずっと海外に住む!という理想を高校生の頃から持っていたので、

日本の一般企業に就職して生活するという選択肢が長い間見えていませんでした。

 

今でも就活中、理想とのジレンマに度々苦しみますが、

大学院のことを考えるのも複雑で体力を使うので、天秤にかけると就活をしている方が身が楽です。

 

今年に入ってアルバイトの他に副業も始めましたが、それが卒業後の本業になるわけでもあるまいし...... 

 

 

1年後の自分がどこで何をしているのか、全く想像がつきません。

大学は卒業しておきたい(笑)

 

結論がどんな形であれ導き出せたら、また報告します。

 

世間的に就活はしんどいと言われていますが、

私は今のところES書くぐらいなのでしんどくないです。

(毎日ブログを書いていたおかげなのかもしません。)

SPIの勉強はあまりする気が起きません(笑)

 

そもそも大手企業などを狙っているわけでもないので、ゆるくやるつもりです。

焦りはいりません。(今の所は)

 

面接とかが始まったらめんどくさくなるのかな?

 

気持ちに進展が出た際も、また記事を書きたいと思います(笑)

 

「まだまだ自分は若い!、人生これからだ!」と言い聞かせて今日は寝ます。

 

お休みなさい......