MY YOUTH

思いついたこと

私って優しすぎる?

 

こんばんは

iPadからは初投稿のMoeです。

 

今日は完璧に呟きモードです。

 

最近思うことがあります。

「もしかして、私は優しすぎる?」

「その優しさが仇になってる?」

 

HSPの人はよく、「自分より優しい人はいない」と思うぐらいに

優しさを自覚している人が多いみたいです!

 

なぜ私が優しすぎると思うのか?

 

私は昔から自分は優しい人間だとは自覚しています。

どうしても主観的な意見になってしまいますが、人助けは進んでする方だと思います。

 

具体的なエピソードを挙げてみると、小学生の頃、私はいじめられている子の友達になることが多かったです。その中の一人(いじめられていた子)は今では親友です。

 

小学校低学年の時に、とある男友達がいました。

家も近く、趣味も似ていたのでよく遊んでいました。

しかし、その子はクラスの他の人からはあまり好かれていませんでした。

肝心の理由は忘れましたが…… 小学生特有の気持ち悪いとかでした。

 

その友達は、対人関係の悪さからなのか後にストレスを感じると腕に赤い線が出るようになりました。

それを見て、私はその友達の精神状態が良くなって、ストレスが軽減されるまではずっと仲良くしようと思いました。

確実に私はその友達の一番の仲良しだったと思います。(少なくとも女子の中では)

 

その子は数年後、親の仕事の都合で関東に引っ越しましたが、

中学生ぐらいの時まで年賀状のやりとりはしていました。

 

ここまでは良かったです。私も親切に対応できていたと思っていました。

 

問題はここからです。

中学生になると携帯を持ち始めたので、メールアドレスを交換しました。

 

メールを始めるとすぐに、「ずっと好きでした」的な文面と共に告白されたんですよね(笑)

私はその気は全くなかったのですぐにお断りの返信をして、徐々に連絡は途絶えましたね......

(実は去年FBで突然メッセージが来たのですが、なぜか怖さを感じたので無視しています。私の名前を検索したのでしょうか......)

 

今気づけばこれが初めてで、その後私の人生において何度か同じような経験(優しくしてあげただけなのに、好意と誤解される)をしました。異性関係のみではありません。

 

例えば、ものを貸していたのにまだ返して貰ってないなどもですね(笑)

 

優しさが仇となる時

優しくいることは悪いことではなく、お互いが住みやすい世界を作るために人間としてあるべき姿だと思います。

 

ただ、優しすぎ=ナメられるとも思います。

 

私はよくサバサバしている性格と言われることもありますが、実はNOということが苦手な時もあります。何故NOが言えなかったというと、相手の気持ちを考えすぎるからです。私が断ると、相手が嫌な顔・悲しい顔をするから断れないという感じに.....

 

私は顔の表情や言動を見ると、その人が考えていることが直感的に理解できる時があります。

もちろん100%ではないですが、共感性羞恥などもある方なので、相手の顔を見て深く考えすぎてしまいます。

 

断らないことは行き過ぎた優しさ(他人に対する)というより、その顔を見たくないという結局のところ自己防衛なのかもしれません。的確に断らないことで、向こう側に変な期待を抱かせることにもなるので。(具体的な過去の例は控えたいので、説明が抽象的で申し訳ないです。)

 

「あの時断っていたら、NOと言っていたらどれだけ気が楽だっただろうか......」と何度も考えてしまうこともありますが、過去のことは過去のことで、断ることを覚え、乗り越えるしかないです。誤った言動で結局一番傷つくのは自分自身です。

 

よく韓国ドラマを見ていたら、拒絶するときはビンタとかするじゃないですか。

私もあんな感じの強い女性になりたい!(笑)

まあビンタするような出来事を起こさせないことが大事なんですけどね!

 

Be kind to others but 自分の軸を!

 

今回のまとめは”Be kind to others but 自分の軸を!”とでもしましょうか(笑)

完璧に呟きのようになってしまいましたが、優しすぎはダメですね!

 

あくまで自分の意思を大切にした上での優しさ。

バランスが大切なのではないでしょうか!

 

皆さんも"Be kind to others but 自分の軸を!" 

 

今日も読んでくださりありがとうございました。

Moe !