MY YOUTH

思いついたこと

韓国語オンライン留学に参加してみた!

 

こんばんは

今日は9月18日の1日後、9月19日です。

 

昨日をもって、キョンヒ大学韓国語オンライン留学が終わりました!

期間は8月31日から9月18日の3週間でした!

今回はそれについてレポートをしたいと思います!!

 

比較対象になるのかはわかりませんが、私の4年前のオーストラリア短期留学の記憶と比較しながら利点や難点(?)を考えたいと思います!

 

11/30追記

現在夏休み課程の後、週末過程を受講中です!

夏休み・週末の経験をレポートしたバージョン(この記事よりも短い)はこちらから!

moefuldays.com

 

目次

 

私の留学歴・韓国語学習歴

私はいわゆるちゃんとした留学(長期や交換留学)はしたことありません!韓国留学に関しては皆無です!英語で、あるといえば高校2年生の時に行ったオーストラリアの現地校体験(三週間だけ)です。

 

オーストラリア3週間短期留学(2016)

現地校体験とは何ぞや?と言う感じですが、現地の公立高校に3週間だけ転校したといえば一番想像がつくと思います!学校のプログラムなどではなく、完璧に個人一人で行きました。

留学生(卒業やその後の現地大学入学を目的とした長期)が多い学校だったので、一応留学生専門の英語の授業もありました。しかし、1日に1コマとかだったのでほとんどは現地学生と一緒に受ける授業でした。授業は覚えている限りは、Fitness・Social Studies・Cooking・Mathmaticsなどでした!宿泊先はホームステイで、毎日スクールバスに乗って通って、クラスでHRをしてから授業を受けていました。

 

その時の私の英語レベルは英検2級を持っていました。

シャイな性格と苦手意識から会話に少し苦戦しましたが、授業が理解できないことなどはなかったです。

 

 

 

国語学習歴

私は昔から何度か韓国語を学ぼうとしたことはありますが、自分がここで始めた!と思っている時期は今年の2月ごろです。(ハングルはその前から読めましたが)なので今はおよそ7ヶ月ぐらいです!

 

韓国語歴や始めた理由に関してはこの記事で触れています。

choosehappy.hatenablog.com

 

韓国旅行は4回ほど言った事がありますが、現地の人と韓国語でコミュニケーションを取ったことはほぼ皆無です!注文ぐらいはできますが、こちら側に質問されると答えられなかったです(今年2月初めの話)😭

 

オンライン留学直前の私の韓国語レベルは、レベルテストについてで後述します! 

 

私が参加したプログラムについて

私が参加したプログラムは

慶熙(キョンヒ)大学国際教育院オンライン3週間短期韓国語課程でした。

 

概要

公式HPからの詳細はこちらです!

 

https://www.chuo-u.ac.jp/uploads/2020/06/1646_2020年度オンライン韓国語3週間短期課程.pdf

まとめると......

1. 平日朝9時から12時前までの文法授業が週5日+午後授業が2時間ほど(火・木のみ)

2. レベル別で少人数クラス(私のクラスは生徒は7人でした!)

3. Zoomで開催

4.費用は840,000ウォン

5.トウミ制度あり(韓国語学習をサポートしてくれる現地学生1人がパートナーとしてつく)

 

というような感じです。

 

1の午後授業に関しては、会話授業が2回、作文授業が1回、文化授業が3回ありました!

2. 今回このプログラムが日本人のみを対象にしていたのかは良くわかりませんが、授業に参加した人は全て日本人でした。文化の授業などのスライドで難しい部分は英語と日本語の字幕がつくこともありました!クラス分けはレベルテストに基づきます。

4の費用ですが、私の大学はキョンヒ大学の姉妹校だったので20%割引の684,000ウォンが請求額としてはありました!(申請するまでわからなかったので、びっくりです笑)銀行での手数料込み込みで、日本円にすると全てで7万円ほど国際送金しました。(手数料自体は1万円ほど)

5のトウミ制度はキョンヒ大学が外国人留学生に対して売りにしている制度みたいです!

 

参加した理由

今回、私がこのプログラムに参加した理由は3つあります。

 

一つ目は暇だから!!!

大学3年生の夏休み、コロナの影響で交換留学にも行けず、旅行にも行けず、家とバイト先を往復する日々でした。昼夜逆転は当たり前、生活リズムも乱れがちに...... 

 

そんな時にこのプログラムを目にしました!

毎日朝9時から......  昼夜逆転直せるかな?などと思いました(笑)

あまり深くは考えなかったです。とにかく暇だったので、何か新しいこと、思い出に残ることを始めたかった!!

 

二つ目は韓国語の独学に行き詰まっていた!!

韓国語は私にとって第3外国語であるために、大学の授業で週1回自主的に履修した時期もありました。しかし、週に1回では身につくスピードがあまりにも遅いので、ほとんどが独学です。

 

独学といっても、大した勉強はしていませんでした。

動画を見たり、本を見て少し文法を勉強したり、聞き流ししたり......

作文や会話などのアウトプットに関してはオンライン留学前はほぼ0に等しかったです。

 

国語学習に何かスパイスが欲しい時期でした。

そんな時にこのプログラムを目にしました!

 

三つ目は大学が斡旋していたから!!

実はこのプログラムを知ることとなったのは、私の通っている大学の留学センター(?)のようなところの広報ページからです。

 

夏休みに対象のオンライン留学プログラムに参加すると2万円の補助がでるとのことでした。

(なので結局私が実際に負担する額は5万円ほどになります!大学生のお小遣いでも余裕?の額ですね!)プラグラム一覧を見ると、英語圏・台湾・韓国の大学などがありました。

期間や費用はそれぞれ差があり、英語圏や英語でSDGsに関する授業を受けるタイの大学なども最初は視野に入れていました。

 

しかし、私がそのページを目にしたのは遅く欧米の大学はほとんど締め切っていました(笑)そして費用も少し高かったです。

 

キョンヒ大学は3週間と長い方だったので少し大変そうだと思いましたが、上記の理由と含めてこれも何かの縁だと思い応募することにしました!

 

応募ーレベルチェックー授業開始まで

 

応募は入学希望書(pdf)を作成し、メールを送信します。

メールのやり取りは日本人の方と日本語でしました!

 

パスポートの写真を送信した後に、請求書が送られてくるので、

銀行の窓口に持って行き、国際送金しました!!(少し手続きがめんどくさかった(笑))

 

送金する少し前にレベルチェックテストをしました。

これは韓国人の先生とLINEで予定を合わせて、10分ほど1対1でZoom上でしました!

ちなみに私は初めて連絡を取った即日でした(笑)

説明などはすべて日本語で、画面上に韓国語の文法が表示され、その文法を使い日本語の文を韓国語に訳すという問題でした。最初に韓国語のレベルを聞かれましたが、あまりわからなかったので一番易しい問題から取り組み、わからないところでストップしました!

 

その結果、「中級で良いんじゃないですか〜?」と言われ、レベルが決まりました。

お互い顔出しはしなかったので先生の顔はわかりませんでしたが、デボちゃんみたいな声と雰囲気でした(笑)最後に、初級の文法リストと中級の文法リストを予習・復習用にもらい、テストは終わりました!

 

そして、これもまた送金する前にですが、家に応募から1週間ほどで、教科書等が届きました!

段ボール箱に教科書、ノート、文化授業で使う物、キョンヒ大学のステッカーが入っていました。(写真は撮り忘れました^^;)

 

授業が始まる数日前に、担任の先生からトウミの連絡先が送られてきたので、そこから連絡をとり、トウミとのコミュニケーションも始まりました!

 

授業について

授業(文法)

 

授業は月曜日から木曜日の午前中が同じ先生(担任)、会話と作文と金曜日の午前中が同じ先生でした!

 

授業は教科書の文法を1日で2つか3つ進めました!

人数が少ないので、授業への積極的な参加姿勢を求められました。

もちろん授業はすべて韓国語、生徒の答えの中に難しい言葉があった時のみ生徒同士で日本語での意味を言うぐらいです。

何せ頻繁に当たるので、集中せざるを得ない状況です(笑)

 

たまに文法の授業でもブレイクアウトルームに分かれて二人で、会話を作る場面もありました!最後に全員の前で発表しないといけなかったので、最初は戸惑いました(涙)

 

ここまでだと厳しそうに聞こえますが、先生は「朝ごはん食べながら授業受けて良いからね〜」と言った感じで、雰囲気は自由でした。

 

宿題は毎日ありました!といっても15分ぐらいあれば終わるものですが。

予習は基本的に時間割を見て次の日に学習するページのわからない単語は事前に調べてくることでした!

 

休み時間中の一コマ(笑)

f:id:emorinco:20200919023949j:plain

 

授業(会話・作文)

会話の授業は午前中に習った文法を用いて会話練習をしました。

会話の授業もペアワークが多かったです!先生が優しかった!

 

作文は1回しかなかったですが、ワークシートを用いて練習しました。

最後は紙に書いた作文の写真を送り、添削してもらいました。

 

文法の授業でもたまに写真を送って、添削してもらうことがありました!

 

f:id:emorinco:20200919023501j:plain

 

 授業(文化)

全部で3回の授業でしたが、どれも始めてのものでした。

折り紙でチマチョゴリを作ったり、キーホルダーを作ったり、カリグラフィーをしました!

文化授業は先生方も初めてのオンライン開催で、試行錯誤だったみたいです。

 

これは私のお気に入りのキーホルダーです❤️

完璧な乾燥まで1週間かかる見たいですが、綺麗!!

 

f:id:emorinco:20200919024314j:plain

 


トウミとの活動

私のトウミは一つ年下のオンライン授業の関係で地元・光州在住の女の子でした。

もちろんキョンヒ大生ですが、キャンパスはソウルではなく水原市だそう!

まだピチピチの1年生です!ちなみに日本語は話せず、英語も苦手だそう。

なのですぐお互いが通じやすい言語に逃げやすい、私にとっては少しアドバンテージだった?

 

基本的には毎日カカオトークで会話しています。

お互い忙しいこともあるので、平日は多くは会話しませんが、授業の質問などがあればすぐ答えてくれます!

 

電話は1度だけしました。というのも私がどうしても会話になると話せないのが、ネックで今だに躊躇しがちです(~_~;) 相手は褒めてくれるのですが、どうしても口から言いたいことがなかなか出ないとモヤっとしてしまいますよね。でも、もう少ししたら、また電話したい!!

 

 

オンライン留学して良かった事!

「オンライン留学?効果あるの?」

多分皆さんが一番気にしている部分はここだと思います。

 

結果を言うと「Yes!」です。

しないより全然良いと声を大にして言いたいです。

 

向き不向きもあると思います。

と言うのも私は韓国語の独学に行き詰まっていた時期にオンライン留学をしました。

 

初めてのオール韓国語での授業、初めての韓国人と韓国語での会話、韓国語を学ぶ同じ日本人の人たちとの交流などなど、簡単に言うと、すごく刺激になりました。

 

しかし、一日何時間も独学で韓国語を勉強している、大学で真剣に韓国語を勉強している人にとっては、いくらレベル別であったとしても少しオンライン留学は物足りないかもしれません。独学の方が効率が良いと考えるなら、する必要は無いと思います。

 

良かった事をリストアップしてみると

1. 韓国語のボキャブラリーが沢山増えた

私は英語においても同じことなのですが、単語などを覚えるのが苦手です。

しかし、このオンライン留学を通して予習やアウトプット練習をする際に単語を調べたりする事で、単語の量が確実に増えた気がします。また単語の量が増えたことにより、わからない単語に対する予測もしやすくなりました!!

 

2.韓国語での授業の流れが理解できた 

韓国語での授業は初めてだったので、先生が授業で使うフレーズなども新鮮でした。

이해했어요?(理解しましたか?)

다른 대답이있는 사람?(他の答えがある人?)

 

お恥ずかしながら、最初はこれらさえも何を言っているかわからなかったです!

最初はフリーズする時もありました(笑)

しかし、何度も繰り返しおっしゃていたので段々と理解しました!

 

3.アウトプット練習(会話・作文)ができた

前述しましたが、このオンライン留学以前に私のアウトプット経験はほぼ皆無でした。

しかし、授業中は何かしら喋らないといけなかったので、徐々に頭の中でも文章を組み立てられやすくなりました。

 

やはり言語学習はアウトプットも重要だなと感じさせられました!

あまり他の人に比べて勇気が出ず発表できなかったのが、後悔といえば後悔ですが(^^;;

 

4. 他の人から学べた

オンライン留学なのでクラスメイトがいる訳ですが、他の人から学ぶことは多かったです。

例えば、こう言う時はこう言えば良いのか、こういう表現があるのか!など沢山気づかされました。クラスメイトが全員日本人だからと言う、ディスアドバンテージは何も感じなかったです。

 

 

オンライン留学 ここが微妙!?

ここまでオンライン留学を絶賛してきましたが、微妙?ここが惜しいとのような点もありました。

 

1. ネットワーク接続

授業の90%はネットワーク接続に困ることはありませんでしたが、先生がネット接続の悪さでZoomに入れず一度15分遅れで授業がスタートすることがありました。授業は休み時間半分返上で、少し延長しましたが、オンラインならではのトラブルですね(-。-;  こればかりは仕方ないです。

 

 

2. 100%韓国語に浸れない

オンライン留学は留学といえども受講するのは日本です。受講のし易さなどの便宜性はありますが、 授業が終わればアルバイト、家族との会話など完璧に日本語モードに戻りがちです。もちろん努力などで環境を近づけることはできるのですが、これも仕方がない(笑)留学というよりかは、ただ日常生活の中でオンラインで韓国語の授業をしているだけという感じです。

 

3.  雑談がしずらい

これは先生もおっしゃってたことですが、対面だと休み時間でさえも先生と会話したり、さらには一緒にご飯に行くこともあるらしいです。しかし、オンラインだとカメラオフ、マイクオフで完璧シャットアウト、声をかければできないことはないですが雑談は難しかったです(笑)

 

 

そりゃ対面の留学の方が良いけど 

ここからは私が過去に経験した留学との比較をします。 

再度言いますが、私が過去にした留学は語学留学ではなく現地校体験なので、単純比較はできないことは承知しております。正直ナンセンスかもしれませんが、その点を踏まえて比較して見ました。

 

1. 授業の環境

比較しやすいので、オーストラリアでは英語の授業を受けた時とで比較します!

 

オンライン(韓国):全員日本人で少人数制。先生が質問を頻繁に投げかけてきたので、発言しやすい環境。たまに接続環境が悪くなって、お互いのコミュニケーションに支障が出た。日本人同士でわからないことは日本語で助け合えた。

 

対面(オーストラリア):留学生クラスは8割中国人でした(笑)先生は二人ついており、生徒は全員で20人ちょっとぐらいいましたが、中国人の方々が頻繁に発言していました。プリントを用いて授業しました。レベル分けはされてなかったですが、現地でみな卒業を目指しているレベルなので英語でのコミュニケーションに不自由はなかったです。英語が上手いアジア人以外の留学生(ヨーロッパなど)は留学生用の英語授業は受けてなかったと思います。(正直あまり記憶がない)

  

2. 生活環境

 

オンライン:予習復習などで授業外でも韓国語に触れることはできるが、基本的には日本語。アルバイトでたまに日本語がこんがらがる😂トウミとの時間を大切にすべき。

 

対面:ホームステイをしていたため、ホストファミリー・ハウスメイトとの会話も求められるが、その分上達する。また、買い物なども全て英語で行うために自然と適応能力がつく。

 

3.時間の融通

 

オンライン:家で受講可能。 年代層もバラバラ(同年代が多かったですが)。仕事の前後などに参加している人もいた。海外に行けないが、海外の授業を受けたい人にはオススメ。一定の需要ありと感じた。安い。

 

対面:場所によるが受講料、航空券、宿泊費、交際費諸々で総額では安くはない。一定の期間の留学は社会人には難しい。

 

 まとめ

 

こんな感じで私の3週間オンライン留学は終わりました!

いかがだったでしょうか?残念ながら、まだまだ特に短期間では海外に行けそうな気はしません(涙)なのでお試し留学としても、家でオンライン留学をしてみるのもおススメです!

キョンヒ大学はオンライン講座を秋も冬も開講するみたいです!社会人の人にも合わせやすいように、夜や週末限定のものもあります。ぜひチェックして見てください。

他の大学の情報はわかりませんが、似たようなものがあるかもしれないので是非比較して検討を!

 

ryugaku.myedu.jp

 

 

私はこのオンライン留学によって韓国語力は確実に伸びました気がします。

このまま韓国語を勉強する癖を抜かさないで、来月のTOPIKに向けて勉強します!

 

季節の変わり目なので、体調にお気をつけて!

今日も読んでくださり、ありがとうございました。

Moe 🇰🇷

 

追記11/30

現在は週末課程を受けており、夏休みの体験・週末の体験を含めてメインブログで韓国語オンライン留学に関する記事を書きました!

新たな情報もあります。

気になる方はチェックしてください!

moefuldays.com